パノラマツアーにフロアマップを入れる意味とは

Share on facebook
Facebook
Share on twitter
Twitter

パノラマツアーにはフロアマップを埋め込めることができます。

こちらの機能は主にホテルや会社、レンタルオフィスなど、数フロアに渡って見せたいお部屋がある場合に使います。

弊社で製作したパノラマツアーを実際にご覧下さい。以下の画像の右側にあるものがフロアマップです。

[arve url=”https://panotour.robotsvision.com/tufe360tokusetu/koujimachi-0821.html” /]

図面にピンをつけて、今現在どの方角(Radar)を見ているかもわかるようになっております。

ピンはそれぞれの画像とつながっておりますのでピンをクリックすると画像も切り替わるようになっております。

ピンの色や形も変えることができ自由度は比較的高い方だと思います。

パノラマツアーの良い所は目的にあった使い方ができてユーザーのニーズを叶えられるような情報を与えられる事にあります。

 

関連記事

各事業に関するお問い合わせ

RobotsVisibleにできること

CONTACT

お問い合わせ

お問い合わせ・360°撮影/パノラマビューの依頼はこちら

※お電話でのお問い合わせ受付時間は、土、日、祝祭日を除く10:00〜19:00 となります。