Samsung Gear 360を半年間使ってみて感想

Gear360は2016年7月に日本でSamsungから正式発売された360°パノラマ撮影が可能なカメラです。私はGear360を使う前はリコーのTHETA Sを使っていましたが、発売されたちょうどそのころタイのプーケットでTHETAを無くしてしまい、急遽Gear360を購入することにしました。

半年間使ってみた正直な感想としてTHETA Sよりはかなり綺麗に撮れるなという感じです。特に動画は比べ物になりません。それもそのはずですスペック的には、動画を撮影した場合THETASに比べGear360のほうが2倍違うという計算になっています。

Gear360

360°動画画像 3840×1920ピクセル 30ftp
360°静止画像 7776×3888ピクセル

THETA S

360°動画画像 1920×1080ピクセル 30ftp
360°静止画像 5376×2688ピクセル

ただ致命的な欠点としてGear360はスマートフォンのギャラクシーS6かS7を持っていないとスマホから操作、編集出来ないということ。一応本体にもセルフタイマー機能はついていますが、スマホで操作出来ないのはかなり不便です。それに比べTHETA Sはそういった縛りがないのでIOS、Android携帯関係なくスマホ化操作が出来ます。正直この縛りは厳しいです。またPC用の編集ソフトもWindowsにしか対応しておらずマックでは使えません。

下記はGear360で撮影した動画です。

下記はTHETA Sで撮影した動画です。

最近はどんどん新しいVR360°パノラマ撮影用のカメラが発売されていますが、また良さそうなカメラが発売されたら買ってみたいですね。

関連記事

PAGE TOP