スマホ用アプリ 不動産マンションVRカタログ開始

IOSやAndroidなどのスマートホン用のゲームアプリを開発している株式会社ワンダーリーグ社がマンションなどの不動産用のモデルルームVRアプリサービスを開始するとのことです。

今までは完成前のマンションなどでは3DCADからVRに制作する必要がありあまり現実的ではなかったのですがワンダーリーク社がVRゲームアプリ開発で培った独自の技術でVR制作が可能となったとのことです。

今までは完成前のマンションなどでは現地のモデルルームに足を運ぶ以外は紙媒体のみでしか情報を得られませんでしたが、このアプリを使えば自宅でモデルルームを擬似体験できるようになります。

またお客さんがVR体験できることから、販売者としても円滑にお客さんとコミュニケーションがとれるので効率性も上がります。

ドローン撮影も行っているためマンション外部と周辺の景観も確認することが出来ます。

関連記事

PAGE TOP