海外ではVR360°パノラマでの不動産案内がスタンダード化している!?

海外とりわけアメリカなどではいち早くVR360°パノラマ撮影での不動産案内が主流化しています。特に国土も大きいこともあり物件を実際に見に行くと言っても何度も何度も足を運んでいると物件選びに何日も要してしまいます。VR360°パノラマで撮影された物件を参考にすることで内見する物件もかなり絞れるのではないでしょうか。また動画を見ながらオンライン上でのコミュニケーションも容易にできるようになります。
参考動画


賃貸のような手数料も少なく多くの不動産会社が扱うような物件だとなかなか費用をかけるのは難しいと思いますが、自社で管理しているような販売物件などはかなり優位な販促方法なのではないかと思っています。最近では古い物件などをフルリフォームしている物件なども人気があると思うので、自慢の物件をこのような形で販促するのはかなり効果的だと思います。

VR360°パノラマでの物件紹介のメリット3つ
お客様の住んでいる場所が遠くてもある程度ネット上で物件の内容を把握することができる。
物件内容をより具体的にお客様にアピールできるようにできる。
実際にVR360°パノラマで物件を確認してから内見に行ったほうが成約率が高くなる。

かなと思います。

まだまだ競合が少ない今だからこそ不動産会社を運営されている方はご検討されたほうがいいかと思います。不動産仲介会社も現状乱立している状態だと思います。将来的に日本の人口は減るのがわかっているわけなので、今までとは違った販促方法を選択しないと難しい時代が来るのではないでしょうか。

関連記事

PAGE TOP