Ricoh Theta Vの機能は4K撮影、空間オーディオ、ライブストリーミング

360度カメラは近年急速に進化しております。最近の話題は最新の目玉商品でもあるRicoh Theta Vです。

こちらの記事のお祭り360度動画はシータSで撮影されておりますが4Kではないため、画像は少し荒くなってしまいます。

山車の上から撮影したVR360度動画@八王子祭り

 

この360型カメラの登場により、4Kで360度のビデオを録画できるほか、ライブストリームも(4Kでも)録画できます。 「サラウンドサウンド」と「非常に綺麗な画像を簡単にキャプチャできるようにできる」高速画像転送機能を備えた内蔵の4チャンネルマイクロフォンを使用して、空間オーディオ録音も可能です。

デュアル12メガピクセルセンサーとツインレンズシステムにより、最小のステッチングアーチファクトで14メガピクセルの360度写真の出力が可能です。これがリコーのThetaシリーズの新フラッグシップカメラです。

Thetaシリーズは、2013年に最初のシータが発売されました。オリジナルバージョンは、世界で初めての360度シングルショットカメラで、それ以来、市場は進化しており、リコー・シータVはさらに進歩しています。

スリムラインのデザインを保ち機能は高性能になりました。

「Theta Vは、誰でも360度の静止画や動画を最大限に活用できるように、360度の画像処理におけるいくつかの画期的な進歩を象徴しています」とRicoh Imaging Americasの社長江口氏はこう述べています。 「非常に高品質のビデオに加えて、当社の新しい4Kカメラは、本当に現実的な空間オーディオを提供し、最も簡単なアプローチが可能です。

リコーでは、元々ハイエンドのPentax DSLRカメラ用に開発された高度な技術を組み込んだ、新しいイメージセンサーとプロセッサ(Qualcomm Snapdragon 625に基づくQualcomm Connected Camera Platform)があります。 ダイナミックレンジを大幅に拡大しました。

現在利用可能な2つのアクセサリーがあります。コンサート演奏や音楽演奏の撮影時にTheta Vで使用するために設計された3DマイクTA-1、または外部で使用するためのアクセサリです。 また、10月に発売のUnderwater Case TW-1は、Theta Vを深さ30メートルまで使用できるようです。

360度動画の作成はスティッチングや編集も大変ですので、このように簡単で綺麗に動画撮影できるのであれば喜ぶ人は多いと思います。

 

関連記事

PAGE TOP