中国の新興携帯電話メーカーがVR360°パノラマ撮影可能な携帯電話を発売予定

中国の保千里という携帯電話などの開発販売している会社が昨年の中国ハイテクフェアでお披露目したVR36°パノラマ撮影対応の携帯電話「打令VR携帯」を発表しました。

まだ開発段階で先行予約を受け付けておりもうすでにかなりの予約が入っていることです。スペックとしてはVR動画撮影の場合で4Kで30fps、価格は3980人民元(1人民元=約17円)日本で約68000円ほど、これでスマホとしても使えるのでコスパとしてはまあまあ満足できるものだと思います。またライブストリーミング配信も可能なため、結構面白そうだなという印象です。最近ツイッターなどもVR360°パノラマライブストリーミング機能を追加するみたいですし、日本でも販売してくれれば結構売れそうな感じもします。

筆者も過去に3年ほど中国に住んでいたこともあり、有名な中国の携帯電話メーカーは大体知っていますが、正直この会社の名前は聞いたことがありません。なので予定どおり発売されるかもわからなしい、いまいち信用に掛けます。中国のハイテクディバイスの開発技術は昔に比べかなり上がってきたとは言え、購入者はあくまでも自己責任かなって思います。中国は中国なので。DJIやInsta360など中国特に深センの企業は新しいトレンドが来るとものすごい速さで開発しますね。

関連記事

PAGE TOP